■すぐに売られたら
パソコンの買い換えサイクルは一般的には五年ほどということが言われていますが、世の中には新製品が出たと聞いたら、いてもたってもいられなくなってしまう人たちも存在します。まだまだ充分使えているじゃないか・・・。なんていうことが理解できているのだとしても、購買欲には勝てないことになってしまい最新機種を購入するのですが、今まで使っていたものはどうするのでしょうか。

お金持ちならば惜しげもなく廃棄することにするかもしれませんが、最近では家電リサイクル法の成立によって捨てるだけでもお金が掛かってしまうので、あまり賢い選択ではありません。どうせならば売ってしまった方がいいだろう。と考える人たちによって今日も中古パソコン市場は活気に満ち溢れているのだということができるので、利用者にとっては有り難いかぎりです。

さて、そのようにして短期間で手放されることになったパソコンたちは、保証期間すらもまだ残っているということを予想することができますし、購入する際には選びたいところでしょう。良いモノほど出回ったら即座に買い手がついてしまうとも考えることができますが、きちんとタイミングを見計らうことによって、購入競争に勝利することが可能になるはずです。

■なぜ大事なのか
今まで修理に出したことがないという人たちにとっては保証があるということが、それほどまでに重要だとは感じられないかもしれませんが、万一の時には必需品になると言えます。もしも保証外ということになってしまったのならば、直すにしてもかなりの金額を請求されることになってしまいますが、期間内ならば無償修理だって充分に有り得るんです。

あまりにも修理代金が高いということになってしまったら、新品を購入した方がいいんじゃないか?と悩むこともありますし、中古を選ぶとしてもしっかり保証が生きてるものを選びましょう。